不登校でも大丈夫!!

お子様やご自身が不登校で悩んでいる方へのサポートブログ

不登校同士の友達

 

 

当時学校へ行けない仲間が数人いました。

その原因はさまざまでしたが、保健室や相談室みたいなところに登校し交流していました。

給食の時は同じクラスの子が持ってきてくれ、今思えば申し訳ないですが。

 

給食食べ終わってお皿を返しに行くに教室の前で担任が待っていてくれたりもしました。

 

当時は教室まで行くのが苦痛でした。

 

別のクラスにいた苦手なことすれ違いざまに悪口を言われることも多々あり、本気で消えたいと思うことも多かったです。

 

その一部の子の為に命を絶つなんてもったいないし、そこで消えたらその人の思うつぼ。

負けてしまう気がして、何か生きる希望をみつけました。

 

私は小学生の頃から大好きだったアーティストの曲を頻繁に以前よりも頻繁に聴くようにしました。

 

そのころ丁度親が遊びに連れ出してくれ、109の前で見たイベントで衝撃を受けました。

 

すごくキラキラしたお姉さん達が踊っていました。

 

私は小学生のころダンスを習っていたのでその頃の楽しかった記憶が戻ってきました。

 

なので楽しかった頃の思い出に浸る時間も大切なのかもしれません。

 

同じ不登校の友達でも家庭の事情で出かけられなかったり、複雑な事情で前向きになれない子もいたので、みんながみんなそうとは限りませんが。